お財布がピンチでもPBなら購入することができる

家族

便利な商品を選ぶ

女の人

安くて良い商品を選ぶ

PBという言葉が近年では広く知られるようになっています。大手スーパーやコンビニで自社のオリジナル商品を売り出すところが増えています。PBは、その会社が企画販売をするものですから、不良品や美味しくないような商品はもちろん出すことはできないですし、自信をもって商品化しているものだと考えられます。PBは通常の商品に比べて、低価格なものが多く、お買い得感があります。PBの商品は、複数のチェーン店が共同で大量に発注することでコストを下げたり、データ管理をすることで売れる商品を見極めることが出来ます。PBの商品は、どこで作られているのかわからなくて不安、という人もいるかもしれませんが、実は製造は大手のメーカーに委託していることが多いのです。ですから、商品の品質としては、安心なものと言えます。しかし、そこで疑問に思うのが、大手のメーカーにとって、自社の製品の売り上げが下がってしまうようなリスクはないのか、ということです。確かに、同じような商品が低価格で売られてしまうのですから、なぜそのようなリスクのある請負をするのかと考えてしまいますが、大手メーカーにとっても、大量の商品をあらかじめ買い取ってもらえることで、売れ残りのリスクがないですし、また商品を販売、流通する仕組みがすでにできていますから、流通のコストや広告費がかからないというメリットがあるのです。そのため、両者にとって、メリットの多いシステムといえるはずです。